読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★腹をくくって~罠猟免許画策編

嫁さんが義父と四国に里帰りしている手前
おのずと夜飯を外食でとるのはしょうがないw
 
館山の回転寿司、はま寿司でたらふく食った帰り道鳴る電話。
 
猟師さん:「イノシシ取れたよ、4匹、
      明日朝から解体するけどくる?」
すってん:「いきますw」
 
先週末、鹿からの連発です。しかも4匹!
魚は全く釣れないのですが、獣は良く獲れます。
今年は特に多いそうです。
 
注意:魚は私の腕が悪いだけという説はありますテヘヘッ(*゚ー゚)>
 
ヤング猪ご一行様4匹。ヽ(^◇^*)/ ワーイ
イメージ 1
 
翌朝、7時に集合して現地に行ってみると泥だらけのご一行様がw
撒餌さの糠(ぬか)が発酵して、周囲には独特の臭気が立ち込めています。
 
私、とどめ刺しを見るのは初めてです。
生き物の命を奪うのですから、何も感じないわけはありませんが
腹をくくって見守ります。
 
猟師さんの銃
イメージ 2
ほ、本物だ・・・
これを箱罠の隙間に銃口を差し込んで一匹ずつとどめを刺します。
 
その後、泥んこになりながら引っ張り出して
喉をナイフで深く切って血抜きをします
 
一連の流れを惨いという方も居るかもしれませんが
食を頂くと言うことは命を奪うことであり、かつ
人間が長年自然に抗いコミュニティーや文明を守り発展させてきた現実です。
 
 
 
と言う訳で解体に入ります。
本日は4体あるので、私も実践参加。
 
猟師さんに手取り足取り教えていただきました。
下手糞ながらもなんとか最低限の工程は覚えられたかな・・
内臓だし→皮剥ぎ→各パーツ解体。
 
教えて頂、有難うございました!
 
イメージ 3
解体されたイノシシたち。
 
ここから、正肉にします。
授業参観の振り替え休日で在宅のガキ共をフル稼働させ、
2時間かからず作業終了。
自分の作業も早くなってるのを実感ъ( ゚ー^)イェー♪
 
その後、罠猟の狩猟免許申請書を館山に提出してきました。
猟友会による初心者講習は12月17日その後、本試験が12月23日です。
合否の発表はいつだったかな?
 
まー、なんちゃって猟師ですけど、自然に対する畏敬の念を持ちながら
腹をくくってがんばりますテヘヘッ(*゚ー゚)>