読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★敵の確信を突くべし 【改修の章】~新米わな猟師編

鋸南町大帷子(おおかたびら)箱わな。

最近良く鳥にわなを落とされるので、またかと思ったら

どうやら何かしら入っていたようです。

 

f:id:sututenten:20170417095257j:plain

 

ワナの中はかなり荒れています。命がけですから必死さが伝わりますね。

おそらくアナグマかタヌキでしょう。

不屈の精神でメッシュ補強していない底を発見、そして遁走w

 

f:id:sututenten:20170417095504j:plain

↑ここですね。

アナグマは美味いらしいので食べてみたいけど

まだまだ痩せっぽち。また晩秋に来てねw

 

さてさて、本題のピッ狩一号(正式名称:アニマルセンサー2)

の改修計画ですw

f:id:sututenten:20170417100925j:plain

ピッ狩一号の位置を扉の近くに寄せます。

設置当初、センサーの位置がやや奥めだったので危惧はありましたが、

やはり踏み込んできません。

 

本日の写真

f:id:sututenten:20170417101138j:plain

小さいイノシシです。

あと10-20cmほど進んで欲しいのですが・・

 

と言う訳で改修工事開始ですw

f:id:sututenten:20170417101503j:plain

これと2mmのワイヤーに針金が材料になります。

袋に入っているのはワイヤーのかしめに使うスリーブというものです。

大きいのはかしめ器、小さいのはペンチですね。

かしめ器は5mmのワイヤーまで切る機能もついているので

このような作業には必須の器具です。

因みにホームセンターで買うよりアマゾンが安いです。

アームスエージャーHSC-600

 

一人で作業をするのは初めてなので、ちょっと不安w

まずはピッ狩一号を固定してある針金を4箇所ペンチで解除。

格子2つ分扉のほうに移動させ、また針金固定。

 

ピッ狩一号と扉との距離が短くなったぶん。

トリガーと扉を結ぶワイヤーも短くしなければなりません。

新たに作成します。

f:id:sututenten:20170417101906j:plain

スリーブにワイヤーを2回通してかしめ器で締めます。

一人でかしめ器を扱うのは初心者にはなかなか苦労します。

扉側のワイヤー固定は上手く完了w

 

でも輪はもう少し小さくするべきだった・・・

トリガーの方も、かしめます。

 

 

f:id:sututenten:20170417102042j:plain

そして改修作業完了。

ピッ狩一号再起動ですw

 

f:id:sututenten:20170417102220j:plain

 

センサー稼動実験も完了。

エサもちょっと撒いといて

これで一切死角なし。

 

さー、おいでませw