★書類提出なんぞ~罠猟免許画策編

さて、昨日25日は第6回千葉県狩猟免許、罠猟の受付開始日です。
私の管轄は館山市にある安房地域振興事務所
こちらに必要書類を提出します。
 
①狩猟免許申請書
②写真
③医師の診断書
④切手
⑤印鑑
手数料が5200円(千葉県収入証紙)
 
※詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
 
試験の一週間前に猟友会主催の初心者狩猟講習会を受けます。
(受講料一万円)※講習についての詳しい話は猟友会に問い合わせると教えてもらえます。
 
これを受講すれば本試験はほぼ完璧らしい・・・
ご都合主義的に信用して全く勉強していませんw
 
さーて、館山に向けて出発しようかと思った矢先に鳴る電話。
お世話になっている猟師さん。
 
猟師さん:「鹿とれたよー」
すってん:「すぐ行きますw」
 
イメージ 1
箱罠、約60kのメス、トドメ銃。
 
この他にもアナグマがかかっていました。
イメージ 7
写真撮り忘れたので、ネットから拝借。
 
呼んで頂いた猟師さんはアナグマや狸はほとんど放してしまうらしいのですが
アナグマは美味しいと言う話を聞いていた私、食ってみたい・・
 
箱罠に入った丸々太ったアナグマを見ながらどうするか雑談中。
 
こちらを警戒してるのか観念してるのか結構おとなしい。
ちょっと可愛らしいんですよねアナグマ
 
猟師さん:「すってん、どうする?食べる?」
すってん:「く、食いましょう、全部ちゃんと食います」
猟師さん:「よしわかった」
 
銃に手を伸ばす猟師さん
 
会話が聞こえているのか・・なんとなく悲しげに首を傾げるアナグマ君。
じっと見る私。
 
まずい、情がうつってしまった・・
 
すってん:「○○さん、やっぱり、猟師免許とってからにします、
      今日は放しましょう」
 
なんて会話をしながらアナグマ君開放、でもすぐに逃げません。
箱罠の扉を開放してその場を立ち去ります。
日本昔話、アナグマの恩返しとかないかな?w
 
その後二人で鹿解体。
この鹿全部頂いちゃいました。有難うございます。
 
冷凍庫も買ったんで保存場所は完璧
イメージ 2
 
自宅で正肉に。3時間ぐらいかかりました。
これでも大分早くなったw
イメージ 3
モモです。
 
イメージ 4
最高いや、最強の鮮度です、レバー。
 
こいつは、片栗粉つけてオイスターソースその他で味付けして
ニラレバのレバだけ。もう、信じられん歯ごたえうま味だw
 
イメージ 5
ハツ(心臓)の塩コショウ焼き。
 
味が強烈に滲み出ます。お姉ちゃんのつまみ食いがとまりませんw
 
イメージ 6
バラのグリル。
脂がジュウジュウ。
手で持ってしゃぶりつきます。ぐへへ( ̄¬ ̄)
 
兎に角全部うんまーーーい!!
 
脂の質が素晴らしく、甘みを感じます。
鹿も美味しいなー
イノシシに比べるとクセのない肉ですね。
 
そうそう、書類の提出なんぞ、すっかり忘れていました。
肉に勝るものは無しw
 
来週行ってきます。