読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★4匹目の君は重量級~新米わな猟師編

今までで一番大きなイノシシ雄90kきましたー

イメージ 1
こっち見てますw
タテガミをはやし、肩周りに鎧を着ている繁殖期のオス、カッコいいです。
 
この大きさだととても一人で車まで持っていけません。
こういう時は先輩猟師さんに泣きつきますw
電話で早速相談。
 
すってんてん:「で、でかいです多分80キロぐらいは
        ありそうです。」
先輩猟師さん:「そうかー、じゃー鉄砲でやっちゃおうか」
 
すってんてん:「おねがいしまーす。」
 
止めを刺してから車に運ぶまでがまた一苦労。
二人でやっても息が上がります。
 
とりあえず、解体場まで運ぶの手伝っていただきました。
止めさしも含めて有難うございました。
 
さーーーて、解体だ!
この個体の大きさでは台の上に乗せることは不可能。
地べたでやるしかない。
 
なんとか腹を抜いて。皮剥ぎにかかります。
しかし巨大なのと、この時期の雄特有の脂肪の硬さで大苦戦。
 
イメージ 2
通常は全部皮をはいでからパーツを取り出しますが
重くて動かし辛いので、まず頭を落としました。
そして皮を半分剥いで、片側のウデモモを取りだします。
 
取り回しが大分楽になりました。しかし時間がかかります。
 
イメージ 3
皮が全部剥げました。皮剥ぐだけで1時間半・・・
普通サイズなら40分ほどではがすので倍以上時間がかかりました。
 
しかし何事も経験しなければわかりません。
 
パーツの分解はのんびりやって、全体では2時間半ほどで終了。
思ったより早く出来ました。
 
イメージ 7
春らしい天気の中、解体場とデッキバンちゃんw
 
今晩はこいつのヒレを使って
ヒレカツだぁああ!
イメージ 4
したごしらえ。
 
イメージ 5
食い散らかされた、完成品。
 
もちろん
う、うんまーーーーい!
 
ヒレ特有のやわらかさ。オスなんでくさみが心配でしたが、全く無い。
ガキ共の食い込みがスゴイw
 
そうそう、先輩猟師さんが箱ワナ固定用のアンカーに使う金属の棒をくれました。
イメージ 6
いつもお気遣いいただき有難うございます。
針金用意して早速固定してきます。